​活動報告2020

​♯GoTo消費税ゼロ!チラシ配布始動8/31~10/29

市内の駅をまわるのに、議会期間を挟んで、小型扇風機を使っていた時期からコートを着る季節へ。2カ月かかってしまいました。

​やはり、リモートワークの人が増えたせいか通勤人数は減少している印象でした。

_20200831_094221.jpg
_20200831_094254.jpg
DSC_0304_edited.jpg
DSC_0333.JPG
DSC_0448_edited.jpg

​2020  都知事選挙

82953692_3234833566607186_70553693235639

7月5日投開票の都知事選挙に立候補した山本太郎の応援に市議会終了後、東京にも足をはこびました。

#週明けの検察庁法改正案

 強行採決に反対します。

5月14日から藤沢駅、辻堂駅で一人立ち無言で訴えました。

DSC_3095.jpg

​2019参議院議員選挙

​7月22日投開票の参議院議員選挙についての活動報告です。

7/21投開票の参院選比例区で山本太郎

「れいわ新選組」は2,280,253票を獲り2議席、政党要件も獲得しました。

より多くの人と知恵、力を合わせ

政権獲得を目指します。

  消費増税で「保育費無償化」「介護離職ゼロ」と掲げた安倍政権。けれども、現役世代にマッチする子育て・ 介護の受け皿は準備されないまま。貯蓄ゼロ世帯も拡大しています。 

 

「反対」だけの野党からも希望は見えてきません。  

だから、あなたと社会課題に挑む新しいモデルをつくりたい。

分断社会からまぜこぜ社会へ。

選挙告示日翌日7月5日の新橋駅。冒頭のMCは原田タケル

_20190726_175606.jpg
_20190726_175521.jpg
DSC_0690.jpg

​告示日前日の候補者発表の決起集会

7月4日告示の参院選では、山本太郎が立ち上げたれいわ新選組の応援にボランティアで参加。

 

特に、東京選挙区に立候補した野原ヨシマサ候補の支援を中心に連日東京に入った。

告示日の前日に発表されたのは、6年前に山本太郎が67万票近い得票で獲得した東京選挙区の後継に沖縄から招いた創価学会員である野原さんを擁立することだった。

候補者が野原さんである理由は2つ。

一つはもちろん、辺野古新基地建設反対。
沖縄の民意は何度となく示されてきた。
とりわけ、野原さんが昨年9月の沖縄県知事選挙で圧勝した玉城デニー新知事誕生の立役者の一人であったことである。
それも、創価学会員という立場でありながら、自民党公明党が推す基地を容認する候補者に反旗を翻しデニーの応援に勇気ある行動をとったことで、封じ込まれていた沖縄の創価学会員たちが大きくデニー支持に流れるという現象をもたらしていたのだ。

もう一つは、辺野古基地問題を象徴として、平和や福祉を原点にしていた公明党及び創価学会の変質を問う戦いを、公明党代表の地元である東京選挙区で訴え、ガチンコ勝負を挑むためであった。

連日、思いを同じくする学会員が応援に入り、日に日に街頭や選挙カーへの反応も上がってきた。

公明党が与党の旨味に原点を忘れ、沖縄の基地問題も安保法制も何もかも自民党の言うなりになっている現状に風穴が空けられれば…。

そんな与党に分解をもたらす一撃は、確かに痛快であり、規模によってはかなりのボディブローになっていくに違いない。

 

東京選挙区での議席獲得は果たせなかったが、​注目すべきは沖縄県でのれいわ新選組得票率。

沖縄県有権者数117万5944人   れいわ新選組得票数38025

相対的得票率7.28%       絶対的得票率3.23%

全国有権者数1億588万6063人 れいわ新選組得票数 2280253

相対的得票率4.6%       絶対的得票率2.15%

藤沢市有権者数360158人   れいわ新選組得票数 11436

相対的得票率6.74%      絶対的得票率 3.18%

DSC_0734トリミング.jpg
_20190725_205321.jpg
received_445202172927566トリミング.jpg

野原さんの選挙にて。

​左は蓮池透さん。

DSC_0741トリミング.jpg
DSC_0745.jpg

最終日の上が、多摩センター駅頭。

下は、新宿駅西口

​「新宿センキョ」と銘打って、本当に遠くのデッキまで観衆が溢れる事態となった。

​私たちの選挙戦を評した安冨さんの文章が素敵なので

​そのままリンクしています。

​未来デザイン2019まちかど発表会

3/24(日)に行った未来デザイン2019まちかど発表会
遅くなりましたが、動画で当日の様子をご報告させていただきます。

工事中

④未来デザイン2015から2019へ…原田タケル(4:40)