1616470834624_edited.jpg

​最終更新日 2021年10月29日 ホーム

  • Twitterの社会のアイコン

10/31投票日を迎える衆議院選挙。

今回は親の介護で全く動けないので、せめてSNSで呼びかけたい。

10/28付神奈川新聞に比例代表南関東ブロック(定数22)の電話世論調査の結果、れいわ新選組投票への回答が1.4%あり議席獲得の可能性が報じられた。

前回1議席の維新の結果した得票が1.9%だったことから最後の訴えが左右しそうな情勢だ。

総選挙のテーマはなにか。

岸田首相が党首戦で言及していた「分配なくして成長なし」がいつの間に「成長なくして分配なし」に回帰したことからも、国民生活において成長なきアベノミクスへの評価をはじめ安倍路線への明確な総括が必要であり、2度先延ばししながら8→10%への消費増税をコロナ前2019年10月に強行する一方で実態経済と乖離した株高市場に頼った虚構経済ーそこからの転換、まず国民生活に金を配りデフレからの脱却を図ることが最重要課題だと私は思う。

コロナ対策についても補償の徹底をせずに「自粛の強制」!?という歪みを強いてきたのは無責任な政治の極みであった。

その政治姿勢は、コロナ禍による減収、失業や廃業、倒産への徹底した補償は果たされないまま2020年度の繰越金が30兆円積み残されたというミスマッチに如実に表れている。

いち早く山本太郎党首れいわ新選組が「金を刷って配れ」と訴えてきたことで、枝野代表も消費税減税へと舵を切り野党共闘が「分配なくして成長なし」の軸足が定まったことは決定的な功績であり、更に東京8区問題で自ら身を引くことで共闘のあるべき姿を国民にも示し、その後の野党応援行脚までの姿勢と効果は彼にしか果たせないところである。

その一部始終を国民みんなに分かりやすい言葉で語りかけてきた彼を、れいわをだからこそ私たちが勝たせなければならないのだと思う。

比例はれいわへ。

#比例はれいわ

sn_butterfly_0001_01 村岡ポスター.jpg
sn_butterfly_0001_01 村岡チラシ.jpg

​◀チラシが開けます

sn_butterfly_0001_01 分断から共生へチラシ.jpg

​◀チラシが開けます